【実践記】勉強嫌いな子供に夏休みの宿題を早く終わらせた方法

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、奥家 耀介 です。



私は毎年夏になるとワクワクする夏男ですが、8月の下旬になると毎回ブルーになります。
それは「子供の夏休みの宿題が終わらない」事。

去年は、夏休み最終日である8月31日を超えて、9月1日 3:00ぐらいにやっとで終了

夏休み開始前に、「早くやりなさい」と何度言っても重い腰。机に座ってもぼーっとして、結局進んでいない。毎年毎年この繰り返し。

もう、本当にいい加減にしろよ・・・疲れたよ・・・ってことで。
あの手この手を使って、その重い腰をついに 上げさせることができました。本日は、そのあの手この手の実践記。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


宿題を早く終わらせたらご褒美


 子供のやる気を出させると言えば この方法「馬に人参吊るす作戦。」
 父として「馬に人参吊るす作戦」を断行しました。


奥家
息子よ、夏休みの宿題を早く終わらせたら、エースのスパイク(サッカーのスパイクのこと)買ってやるぞ!


息子
エっ!まじ! 俺 分かった頑張るよ!
ヨッシャー



 前から欲しいと言っていたスパイクをエサにすれば、 やる気が出て、宿題が進むとそう思っていました。よしよし、これで今年の夏は安心できるなフフフっと・・・。




 っと、思っていたら、夏休みの中盤、1/3も終わっていない事が発覚!

奥家
こら! なんで 宿題が進んでいないんだ?
スパイク要らんのかぁ!?


息子
スパイクはほしいけどさぁ、宿題 面倒くさいんだよぉ・・・


  なんと、スパイク欲しさより、宿題の面倒くささの方が優ってしまいました


  スパイクじゃ あかんのか! ほしくないんか ・・・ と。


  実は、うちの息子、祖父母から見たら初孫で、私の兄弟、妻の兄弟共に子供がいない事から、そりゃもう、息子が小さい頃から じーちゃん ばーちゃん のプレゼント攻勢に慣れてしまっているのです。


  なんでも買ってもらっている息子は、スパイクが欲しいけど、いずれ買ってもらえるから、別に後でもいいや。なんて、論理が働いてしまったようです。私の小さい頃はプーマのジョギングシューズ買ってもらって、嬉しくて寝れなかったのになぁ、なんと今の子は贅沢な・・・。 ゆえにその年の夏休みの終盤は、やっぱりドタバタ劇場となったのでした。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


日々宿題やらなかったら罰を与える


 今度は、ご褒美の逆。そう罰ですね。宿題やらなかったら罰を与えるというもの。


奥家
宿題終わるまで 大好きなお笑い番組見るの禁止だぞ!!


息子
へっ! まじ! 分かったやるよやるよ・・・(;´д`)トホホ


 無慈悲ですが、心を鬼にしてやらないといけません。息子の好きなお笑い番組を見せないようにすれば、選択肢は一つになり、自ずと宿題をするしかない・・・そう思いました。




 っんが・・・が ですよ。 なんとその年も 全然 宿題が進まず!


 今回は息子が奇妙な行動に出ました。 なんと お笑い番組を見れないから その時間は「サッカーのリフティングをする」、「普段しない読書をする」、「踊る(息子はダンスが得意)」というもの。



 宿題をしないとお笑い番組が見れないから困る。でも、いま遊ぶのをやめてつらい勉強をするのもイヤだ。つまり、宿題をするのもイヤ、宿題をしない結果もイヤ。



 息子にとっては、どちらも自分にとってはイヤな罰が待っているのです。



 そんなとき、人は突然運動がしたくなったりします。本が読みたくなったりします。宿題をしないで、遊んだり寝たりするのは、やはり不安や罪悪感を感じてしまってイヤなのです。



 でも、読書や部活動の練習は、悪いことではないので、不安や罪悪感を感じることなく、宿題するかしないかの苦しい選択から逃げることができる。


 そんな気を紛らす事を選択してしまったのです・・・。嗚呼ぁ (*´Д`*)

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


小さなご褒美を日々もらう


結論から言うと、これが一番効果がありました。


とは言っても、ご褒美って ”お菓子を上げる”とかではありません。
よくよく息子を観察すると、息子が宿題を早くやらない理由は、2つありました。

① ” いつやるの? 後でしょ ” 精神


息子は、宿題をやらないつもりはなく、やり切るつもりですが、” 今じゃない ⇒ 先送り ” そんな考え方でした。つまりそれは ” 今頑張らなくても後で頑張れば良いやって事 ”

その意識を ”今このぐらいやらないと後で大変になるぞ”という意識に変えさせないといけません。



② ” 達成感が無い



たしかに最近の宿題は、私たちの時代に比べ、半端なく多いです。やってもやっても、終わりません。そんな先の見えない宿題に辟易していました。毎回ため息ばかり。


そこで私はその2つの理由から、

  ① 宿題を進捗を見えるように(どのくらいやっているか、進んでいるか遅れているか)
  ② 一日分の宿題をやり終えた時の達成感を味わえるように、


すれば、息子のモチベーションも上がるのでは? そう思いました。



スケジュールを見える化することで小さな達成感が芽生える!

 

モチベーションの原動力は、やればちゃんと成果につながるんだ、という実感。達成できそうな小さな目標を何度もクリアしてもらうことが重要。
                USJ V字回復の立役者 森岡毅

  

スケジュール表を作って見える所に貼ろう


私がやった事は 「 夏休みの宿題をスケジュール化して、日々共有すること 」 です。
下表は、私が 表計算ソフトで実際作ったスケジュール表 ※クリックして拡大



これが効果テキメン。資料作りも簡単で、大体1-2時間ぐらいで完了します。


作り方は、まず画像のようなスケジュール表を作ってから、

 ① C列:宿題のページ数をカウントし、記載します。
 ② D列:1ページあたりにどのくらいの時間がかかるか事前に確認して記載します。
 ③ E列:計算式 C×D÷60分 で時間を算出します。
 ④ E列の時間になるように、日当たりの時間を置いていきましょう。


 コツ① 子供の祭りのイベントとかは、宿題なんて絶対しないので、
    その日は時間計上しないようにしましょう。
 コツ② なるべく日々の達成感を味わえるように、ページをこなす宿題を前に置き、
    長時間必要とする”自由研究”とかは、盆休みに集中してやるようにすると良いです。


作ったスケジュール表は、目立つところに貼るようにして下さい


日々、子供と進み具合を確認しましょう


下表のように、日々子供と出来た 出来ていないを確認しましょう。


終わったら ピンクの蛍光ペンでマーキング。これが、子供にとってみれば達成感を味わえるようで、楽しくマーキングしていました。

逆に、達成できなかったら、画像のように線を引っ込ませることで、遅れを表してください。(雷線と言います)
 
次の日にその時間分 多く宿題をしないといけないと理解させて後回しにさせない事が重要です。

結果、息子は 1日遅れでなんとか早めに宿題を終わらせることができました。


やっと・・、そうやっとです。
    

このやり方で、2年連続で上手くいっているので、今年もこれでやるつもりです。


皆さんのチャレンジしてみては?


大したものではありませんが、画像のスケジュール表が欲しい方は、「お問い合わせフォーム」で連絡下さい。追って、スケジュールファイル(Excelファイル)をお送りします。


ではでは~。

Sponsored Link