偉すぎて誰も指摘できない 上司の誤ったビジネス用語 5選

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、奥家 耀介 です

サラリーマン生活20年、上司は絶対、反抗したら軍法会議。
一時期、そんな部署に配属されました。

そんな軍隊並みの部署の部長で ”俺はエライ” を醸し出すも、
誤字脱字、勘違いビジネス用語乱発のとんでも上司が居ました。

今回は、そんなとんでも上司の誤ったビジネス用語をご紹介。
部下は皆「あいつは裸の王様だ(偉過ぎて誰も指摘できない)」なんて言っています。(笑)



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


間違い事例① これでプラスマイナスゼロで ” そうさつ ” だね!


とある会議での出来事。 ずっと難しい顔していた上司が、
誰かの発言で課題の突破口が見えた時、重い口を開いて言った言葉。

会議の部下たちは、皆こう思った
「誰か言ってあげて…それは ”相殺(そうさい)”って言うんだよって」

相殺:
  貸し借り・損得などを互いに消し合ってゼロになること



間違い事例② 誰か” htmlケーブル ”持っていなぁい?


会議室のプロジェクタにパソコンの映像を写そうとして上司が言った言葉
htmlケーブルって何だ・・・」と皆がざわつき始めた。

はっと、近くにいた山田君が上司に一言
「それって・・HDMIケーブルの事では・・?」
3年経った今でもあの時の話はネタになっている・・・。


間違い事例③ ハハハッ これでおめーも ” 汚名挽回 ” だな


お前(おめー)と汚名(おめい)をかけて、自信たっぷりにしゃれをきかせた幹部。

会議後、「汚名って返上だよな。それいうなら名誉挽回だろ」と居合わせた皆そう思ったが、いかんせん、相手が偉すぎて、相手は強面で、何も言えなくて。

そのしゃれがよほど気に入ったのか 私が知る限り、その後5回は使っていた。
もう1年ぐらい経ってる、偉過ぎて誰も教えてあげれないんだな・・・。合掌


汚名返上:新たな成果を挙げて、悪い評判をしりぞけること
名誉挽回:一度傷ついた名誉を取り戻すこと



間違い事例④ その件につきましては 弊社は” 関係ないのでございます ”ので


上司が顧客へ製品の品質不良について、自社には問題が無い旨 電話で一生懸命話していた時の事

正しくは、「関係ございませんので
焦っていた? 隠ぺいしていたから緊張していた?

間違い事例⑤ この分野は シュリンプ するって5年前に俺が言った通りだったろ?


とある報告の場にて、自社の製品がレガシー化し、今後のトレンドにならず一新しないと
と報告した時の報告を受けた上司の一言。

 エビ(シュリンプ)がどうした?

そう言いたくて、何を報告していたのか忘れるくらいの出来事でした

シュリンプ:英語でエビ
シュリンク:減る、縮むという意味で 市場などが縮むことをいう


最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さんの勘違いビジネス用語ありましたら連絡下さい。
ではでは~。


Sponsored Link