昼食後の眠気を完全撃退!明日から仕事の能率が劇的に上がる!(実践記)

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、奥家耀介 です。


この記事は、2019/05/8に更新しました

午後の大事な会議なのに、どうしてもまぶたを開けていられない、そんな強烈な睡魔に襲われたことはありませんか?

私はこの睡魔のメカニズムを知る事で、昼食後の睡魔を克服する事ができました。すがすがしく仕事に打ち込めるので、その分早く帰る事ができて良い事づくしです。

今回は、実際に私が体験した結果も含め紹介しましょう。
スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


■ 食べると眠くなる 本当のメカニズムを知る

原因① 脳の血流が少なくなる

これは有名な話ですよね

食べ物が胃腸に入ると、体はフル稼働で消化にあたります。その為、体中の血液が消化器官に集まり、相対的に脳の血流が減ります。血流が減るということは、脳の活動自体が抑えられることになり、その結果、眠くなるのです。

2009年、群馬大学の福田正人準教授らのチームが光トポグラフィー計測という計測装置を使って軽いねむけや疲労感を覚えるのは、脳の前頭前野の血流の変化に関連していることをはっきりと突き止めています。

理由② 一時的に脳が低血糖の状態になる

これはあまり知られていません。

「低血糖」とは、ブドウ糖の不足状態ということ。ブドウ糖は脳の活動に不可欠な成分なので、ブドウ糖が不足 ⇒ 脳の活動が低下し、その結果眠くなってしまうのです。

なぜ、低血糖状態になるかというと、食事により急激に血糖値が上昇すると、過剰な血糖値を抑えようとして、インスリンが分泌されることが原因です

つまり
 食事により急激に血糖値が上昇
   ↓
 血糖値を抑えようとして、インスリンが分泌
   ↓
 ブドウ糖が不足し、脳の活動が低下
   ↓
 眠くなる
という事なんですね

■ 食後の睡魔とオサラバするその方法とは

以上の身体のメカニズムを踏まえ、

消化器官に極力血液が集まらないようにするには?
 ⇒ 消化器官に負担を与えないようにする

食事により急激に血糖値を上昇させないようにするには?
 ⇒ 血糖値をなるべく上げないようにする

事が必要だということが分かるでしょう

■ 消化器官に負担を与えないようにする

これはつまり
 消化に良いものを食べる。
 消化しやすいようによく噛む
この2点のみです。

つまり、胃に負担をかけない食事をするということ

また、組み合わせも重要で、著書「フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!」
によると

 「文明に発達するにつれ、人間は本来口にしなかった色々な食べ物を同時に胃に詰めるようになった。この食べ物の組み合わせが悪いために消化の作業に膨大なエネルギーを使い疲労感を感じる」

というもの。

そして、同著では食べ物を大きく「果物 、 野菜、ご飯・パン(炭水化物)、肉(タンパク質)」に分類し、それぞれ消化の特徴を述べています。以下↓

■果物は、そもそも消化を必要としません。20分程度で小腸に送られる
■野菜は消化液を必要とせず、消化器官の中が、中性、アルカリ性、酸性でも分解可
■ご飯は、アルカリ性の胃液で消化
■肉は、酸性の胃液で消化

ということですが

ここで問題となるのは、胃の中で炭水化物はアルカリ性の酵素たんぱく質は酸性の酵素で分解するため、同時に摂取すると、中和され消化不良を起こすということ。唐揚げ定食とかそのケースになります。

その為、タンパク質と炭水化物の組み合わせ以外は、良いということになりますが、
 ⇒ 肉はそもそも消化に時間を要するし、
 ⇒ 果物は、食事というより、食後のデザートであり、
食べた気にならないので野菜とご飯という組み合わせがベストだと判断しています。

■ 血糖値をなるべく上げないようにする

 城西大学 金本郁男教授の実験データによると 炭水化物を食べると急激に血糖値があがりますが、野菜を先に食べることで、血糖値を抑える事ができます。

野菜ジュースも良いとありますが、ジュース事態で満腹感は得られませんし、野菜ジュースと合うのはパンになりますが、職場の売店やコンビニで買うパンは、菓子パンが多く砂糖が多いため、結果的に血糖値が上がることになり、私はお勧めしません。

お腹すくわ、眠くなるわで効果は無し

■ 纏め(実践記)

・昼食メニューをコンビニの生野菜とおにぎり1個にする
出展:セブンイレブン
 ・野菜から先に食べて、その後おにぎりを食べる。
 ・よく噛んで食べる(早食いの私はこれが一番ツラかった・・・ w)

一週間続けてみましたが、その間ずっと空腹感も感じず、眠くもなく、食事中に周りから「お腹減らないの?」って聞かれますが、全然そんなことはありません。そこそこおにぎりがお腹を満たしてくれます。それ以来、昼食後の仕事中に眠くなるという事は完全になくなりました。眠気が無くなると13-15時ぐらいの仕事の能率が劇的にUPします。その分早く帰って家族と会話する時間が増えるので一石二鳥なんです。

この方法を部署内に紹介すると、若手の男性を中心に浸透していきました。以下若手の感想です
 ・毎週午後1から重要な会議があり、自分が話さない時にどうしても目をつぶってしまい、何度も上司に怒られる事が無くなった
 ・午後1から取引先へ車で移動する事が多いが、眠くないので事故防止という意味で助かる。
 ・いつも昼食後に仮眠を取らないと午後の眠気を抑えれなかったが、この方法で仮眠をとる必要が無くなり、昼休みはゆっくり読書を楽しんでいる。
働き方改革、事故防止という意味でも色々な効果が出ています。

あなたもぜひ、明日からチャレンジしてみてください。


編集後記


たしかに眠くなることはなくなりました。ある例外を残して・・・・ それは・・・、

「愛妻弁当」
 
さすがに、嫁の作る弁当に野菜とご飯だけっていうのも嫁に失礼かなと思って、頼んでいません。でも、必ず眠くなるんだよね・・・。 ダイエット名目でご飯の量だけは減らしてもらっています。(汗


本日はここまで。
ではでは~。

Sponsored Link