こんな残念なコンサルタントは嫌だ 実話6選

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、奥家 耀介 です。a


年収2000万、高学歴、どんな高度な悩みも一瞬で解決!そんなコンサルタントに抱く幻想を一瞬で打ち砕く”コンサルタント残念集”を 著者の実体験からまとめて紹介します。

そう、日本中のコンサルタントって言われる人に喧嘩を売ってみようかと。
コンサルタントな方は「反面教師」に、コンサルタントじゃない方は「やっぱりコンサルも人間なんだ」と安心しましょう。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7131454004752794"
data-ad-slot="2164631060"
data-ad-format="auto">


残念① 自称アナリスト コンサル

ビッグデータ分析した結果、夏にビーチサンダルが売れる事が分かりました。

データサイエンティストを標榜する需要予測アナリストが
3カ月かけて、待ちに待った分析結果をプレゼンする時の冒頭の一言。
結果が当たり前すぎて、場内のザワツキは半端なかったことは今でもレジェンドクラス


残念② すんごい童顔なのに態度が天皇レベルのイメージGAPコンサル

ビジョンが暴れてる。 作り直せ

 起業合併時に、どちらの会社のシステムを採用するかの検討会にて、童顔・幼児体系のコンサルが放った一言。

残念③ 擬音で思いは伝わる長嶋風コンサル

予期しない事でドドーンっと激減するので

弊社は他社の状況を常にクンクンしているので・・(ベンチマークのこと)

ポンっと、本当にポンって終わるので

そん時はガーっと行ってください、きちんとガーっとして下さい

大規模基盤構築プロジェクトのコンペで、H社のコンサルが放った言葉。
プレゼンは中身ではなく情熱でカバープレゼン。 べしゃりはNGだったけど中身は良かった。

残念④ 中身のないIT素人コンサル


普段お目にかかれない 大企業のエラーい 人達の前で、堂々とした振る舞いで登壇したコンサル
ストーリーが明快且つ資料も分かりやすく、絶妙なしゃべる、黙るタイミングを駆使し
抑揚も効かせ、まさにうっとりするようなプレゼンだった。役員はその場で即決。
数週間後、キックオフがあり、週に2・3度の構想検討にコンサルが登場。
打ち合わせをしていると、なんか話が噛み合わない。
少し違和感を感じていると、後のコーヒーブレイクでカミングアウト。
(なんか前職は司会業をやっていたらしい・・・。なんだそりゃ)


残念⑤ 相手を気持ちよくさせる懇(コン)談して去る(サル) コンサル


経理システム更改PRJのコンペプレゼンにて。
出来レース(負け試合)だったから、出張旅行が目的?


残念⑥ 日本語がちょいちょい残念なコンサル

この件につきましては関係ないのでございますので

・・・・関係ありませんだね。

会議室は仮で取っとーとですか?

・・・・博多弁?

この資料を明日までに磨きこみます

・・・・原石か?

考え方を360度変えまして

・・・・戻っとるやん


さて、残念コンサル集 如何でしたか?
皆さんの周りにも残念コンサル居ましたら是非教えてくださいね。


ではでは~。






Sponsored Link

5 件のコメント

  • こんにちは ランキングから来ました。

    いろんなコンサルがあるので面白いですね。
    人柄がしゃべりに出るのでしょうね。
    楽しく読ませて頂きました。

  • 私の周りに居ます。
    人間的にどうなの?って思う時もあるので、程よい距離を保って接するようにしています。
    本人は自信を持ってコンサル業務を担っていると思うので、そこは尊重するように。
    私に出来ないことをしてくれる存在でもあるので、否定ばかりも出来ないですしね。
    どんな仕事にも、こういう困った人はいるもんなんですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。